赤ちゃんフォトスタジオ選び方についてご紹介しています。
パパママ必見!札幌の子どもフォトスタジオ特集【2020年度最新版】
  1. 赤ちゃんフォトスタジオ選び方

赤ちゃんのフォトスタジオの選び方とは?

赤ちゃんフォトスタジオの選び方のポイント

赤ちゃんフォトスタジオの選び方のポイント

スマホで簡単にきれいな写真を撮ることのできる現代だからこそ、子どもの写真を残すことができるフォトスタジオは競ってより良いサービスを提供するようになり、よりお得なプランを提案するようになりました。私たちは数あるフォトプランを見比べながら、好きなフォトスタジオを自由に選ぶことができるようになったというわけですね。

しかし、フォトスタジオがたくさんあると嬉しい一方で、一体どこを選ぶべきか分からず、悩んでしまう人も増えてしまいました。特に、小さな赤ちゃんの写真撮影では、赤ちゃんもパパもママもストレスなく撮影を楽しむために、スタジオ選びは重要です。ここでは、赤ちゃんフォトスタジオの選び方のポイントについて詳しくご紹介いたします。

スタジオの立地

写真撮影の内容にはあまり関係がないように思われがちですが、「アクセスの良さ」というのはとても大切な要素のひとつ。と言うのも、たとえばベビーカーで赤ちゃんを連れて写真スタジオへ行くのであれば、駅からのアクセスが悪い場所にあると赤ちゃんも親御さんも大変です。撮影が始めるまでに疲れてしまったり、道中でぐずってしまったりして、いざ撮影が始まる頃にお昼寝が始まってしまったら大変です。徒歩で向かう場合には、駅からだいたい10分程度で着ける場所にスタジオがあると便利です。ベビーカーを押しながらではということであれば、グーグルマップなどに書かれている時間よりも、余裕を持って考えておいた方が良いでしょう。

駐車場の有無

フォトスタジオへは自家用車で直接向かうという人も多いのではないでしょうか。その場合、必ず事前に駐車場の有無をスタジオに確認しておきましょう。指定の無料駐車場がある場合もありますし、コインパーキングの代金を支給してくれるスタジオもあります。「近くの有料駐車場に停められるだろう」と安易に考えていると、その駐車場が満車だった場合など、かなり離れた場所に車を止めなければならなくなってしまう可能性もあります。

スタジオの設備

これも写真撮影の内容に直接的に関係があるわけではありませんが、授乳室やおむつ替えブースなど、赤ちゃんがぐずったときに必要な設備がスタジオ内に整っているのかどうかというのはとても重要なポイントです。出来上がり写真がどんなに素晴らしくても、狭いトイレでおっぱいをあげたり床でおむつを替えなければならないなんてことがあっては台無しです。

自然光が入るか

赤ちゃんは小さくて、ふわふわで、表情も仕草もすべてが可愛いですよね。そんな赤ちゃんの可愛さが伝わる素敵な写真を撮りたいと思う方は多いのではないでしょうか。実は、スタジオ撮影でやく使われる人口のライトを使って撮影するとコントラストが強く出てしまい、赤ちゃんのふわふわした素肌感が表現できないうえに、不自然な写真になってしまう、というのをご存じでしょうか。赤ちゃんのふわふわした素肌感を写真で表現するには、やわらかい自然光で撮るのがいちばんなのです。このため、「自然光が入る」というのを押しポイントとしているスタジオも多くあります。写真の質に直接かかわってくる部分でもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

エレベーターの有無

ショッピングモールなどの一角にあるいわゆるスタジオ型のフォトスタジオの中には、駅からの距離も近く、大きな駐車場も完備されていて、設備も完璧に整っているというところも多くあります。しかし、いざ行ってみるとエレベーターが無く、重たいベビーカーと赤ちゃんを担いで階段やエスカレーターで最上階まで移動しなければならなかった、という失敗は意外と多いもの。希望の撮影スタジオがビルの上階にある場合には、エレベーターの有無についても確認しておくようにしましょう。

衣装の豊富さ

赤ちゃんの撮影を行っているスタジオでは、大抵の場合、七五三や入学の記念撮影なども行っています。中にはそちらのほうに力を入れていて、衣装も七五三や入学・卒業のものは揃っているのに赤ちゃんのものはあまりないというところもあると言います。赤ちゃんの衣装をご自身で何着も用意するよりも、無料で衣装がレンタルできるスタジオや、何十着の中から選べるところだと、トータルコストも抑えることができるでしょう。

子ども慣れしているか

赤ちゃんや幼児、未就学児を中心としたフォトサービスをメインに取り扱っているフォトスタジオであればあまり心配は要らないかもしれませんが、成人写真や結婚写真など幅広く手掛けている写真館などの中には、子どもの撮影にあまり慣れていないというカメラマンやスタッフもいるかも知れません。フォトギャラリーなどを確認してみて、子どもの写真が多く、みんな自然な笑顔で写真に映っているということであれば安心してお任せすることができそうですね。

写真データをもらえるか

赤ちゃんの記念写真と言えば、インスタグラムなどのSNSに投稿したり、家族LINEで共有するなど、画像をデータでシェアする人も少なくないのではないでしょうか。撮影データについては、そのスタジオのプランの内容にもよりますが、無料でもらえるところもあればオプション料金が発生するところ、撮影から1年しないとデータを貰えないところなどさまざまです。特に、「直ぐにみんなと共有したい」というような場合には、撮影データの有無についても確認しておく必要があるでしょう。

フォトアイテムの料金設定

せっかく可愛い写真を残すなら、オリジナルフォトブックやポストカードなど、フォトアイテムも購入したいですよね。一口にフォトアルバムと言っても、5ページ未満の簡易的なものから10ページ前後のハードカバータイプのものまでさまざまな種類のものがあり、基本料金内で作成できる場合もあれば高額なオプション料金が発生する場合もあり得ます。「フォトブックにして大切に持っておきたい」「ポストカードにして両親や祖父母にプレゼントしたい」など、用途や目的によって必要なアイテムの種類や数は異なってくると思いますが、何も決めずに行くとついあれもこれも欲しくなって費用が膨らんでしまいがちなので、あらかじめ欲しいものをリストアップしておいて、値段も確認しておくと安心です。

まとめ

いかがでしたか?フォトスタジオの選び方のポイントについてまとめてみました。もちろん、最終的に大切になってくるのは写真の仕上がりです。パパやママの好みに合うようなテイストの写真を得意とするスタジオを探しましょう。最近では、SNSなどで専用アカウントを開設し、写真を投稿するフォトスタジオも増えてきました。お気に入りの写真を見つけたら、ぜひチェックするようにしてみてくださいね。

ページのトップへ