2分の1成人式(ハーフ成人式)の内容や記念撮影についてご紹介しています。
パパママ必見!札幌の子どもフォトスタジオ特集【2019年度最新版】
  1. 2分の1成人式(ハーフ成人式)

2分の1成人式(ハーフ成人式)ってどんな行事?

2分の1成人式とは?

2分の1成人式とは?

最近、学校でも行われることが増えてきている「2分の1成人式」。「二分の一成人式」「1/2成人式」、あるいは「ハーフ成人式」ともいわれる10歳のお祝いで、小学校4年生で行われる学校行事として定着してきた感じもしますよね。私が子供の頃は経験しなかったイベントですが、実は2分の1成人式の始まりは30年も昔といわれています。30年以上前、兵庫県の小学校で小学4年生の担任をしていた佐藤修一先生が、「子供たちが背筋を伸ばして参加するようなイベントを」と考えたことがきっかけとされます。多くは年度末の1月下旬~3月上旬に実施されていますね。

2006年時点では東京都の公立小学校1300校以上で2分の1成人式が行われたということで、保護者からも楽しみにしていたという声が強いようです。ただ、下のプログラム例でも書いているように、学校によっては子供が自分の生い立ちを振り返る必要が出てくる、ということもあります。こうした行為が複雑な家庭環境下にある子や、児童虐待を受けている子にとっては苦痛になる、と指摘している声もあります。

2分の1成人式のプログラム例

2分の1成人式のプログラム例

2分の1成人式そのものは、文部科学省が定める教育課程の基準「学習指導要領」に記載されたものではありません。そのため、実施時期やプログラムの内容はそれぞれの学校の裁量によるところが大きくなっています。ただ、全体的にみると授業の1~2コマを使って授業参観の形式で行っている学校が多く、下記のように、親から子供へ言葉をかける場面が設けられていることもあります。

  • 校長先生/保護者代表からのお祝いの言葉
  • 子供たちの合唱/合奏
  • 代表児童/児童ひとりひとりによる作文の朗読
  • 将来の夢や家族との思い出などのスピーチ
  • 「2分の1成人証書」の授与

しかし、親も発言機会があるからといってフォーマルな場だと意識し過ぎる必要はありません。入学式や卒業式であればきちんと式典用にスーツを用意していかなければいけませんが、2分の1成人式は普段着でもOKです。授業参観と同じと思うとイメージしやすいですね。

記念写真はスタジオで撮る?

2分の1成人式は学校での催しですが、10歳はひとつの節目です。10歳以降は思春期に入り、なかなか家族で写真を撮ったりする機会も減ってしまいますから、2分の1成人式をきっかけとしてフォトスタジオで写真を撮る方も増えているようですね。フォトスタジオによっては2分の1成人式をプランとして扱っているところもあるので、記念写真を残しておきたい場合はよくチェックしておきましょう。

2分の1成人式の記念写真におすすめの衣装

2分の1成人式の撮影の際には、本人や家族の好みに合わせて自由に衣装を選ぶことができます。ここでは、2分の1成人式を迎えた子どもたちや、その両親・家族に選ばれている、特に人気の衣装についてまとめ、ご紹介しています。

着物

プチ成人式気分を味わいたいなら、やっぱり着物がおすすめです。20歳の成人式でも振袖を着ますが、やはり「晴れ着」という華やかさ、特別感を演出することができる点が魅力的です。また、七五三で7歳の記念写真に着物姿を残したという人は多いかと思いますが、7歳と10歳では顔つきや佇まいは大きく成長していますので、見比べて我が子の成長を感じられることから着物を選ぶという人も多いと言います。

着物 出典:http://www.studio-nico.com/10anniversary

ドレス

七五三や成人式では和装をするため、2分の1成人式ではドレスを着たいという女の子も少なくありません。いわゆる「プリンセスに憧れる女の子」とも、「ウェディングドレス姿の花嫁」ともつかない、10歳という年齢特有の恥ずかしさや大人っぽさがかもし出される、貴重な一枚を残すことができるのではないでしょうか。

ドレス 出典:http://happy-studio2014.com/gallery/galleryc/10th/

袴は日本の伝統的衣服で、とても華やかな衣装と言えますが、男の子にとって、袴を着る機会と言えば、七五三か成人式か結婚式か、一生に一度か二度になります。特に、成人式は「面倒だから」「節約のため」とスーツを選ぶ人は少なくありませんし、結婚式もいまはタキシードが主流になりつつありますよね。そこで、2分の1成人式には袴を選ぶ、という人が多くなる傾向にあるようです。

袴 出典:https://instagrammernews.com/detail/1716715041010590760

スーツ

実は、10歳の男の子がスーツを着て写真を撮る機会というのはあまりありません。特に最近は、小学校の卒業式で袴を着るという男の子も増えているため、2分の1成人式ではスーツを選ぶという人が多いようです。スーツを着ると細身で大人っぽく見えるため、小柄だけど大人っぽい一枚を残したいという男の子にもおすすめです。

スーツ 出典:http://www.studio-takano.jp/menu/10_13/index.html

2分の1成人式の記念写真アイデア実例!

10歳という節目にせっかくフォトスタジオで写真を残すなら、お決まりのシチュエーションやありきたりな写真ではなく、他にはない個性的な写真を残したいと思う人も少なくないと言います。ここでは、2分の1成人式の個性的な記念写真について、おすすめのアイデアをいくつかご紹介いたします。

ユニフォーム

持ち込みOKのフォトスタジオであれば、10歳のいま、頑張っている習い事のユニフォーム姿で撮影することもできます。地域のサッカークラブなどで活躍している男の子であれば、チームのサッカーユニフォームを着て、ボールを持って記念撮影をすることもできますし、チアダンスを習っている女の子がポンポンを持って撮ることもできます。将来写真を見返したときに、当時夢中になっていたことを思い出すことができる、思い出深い一枚となるでしょう。

ユニフォーム 出典:https://blog.sakaiphoto.jp/?p=3381

手書きのメッセージ

好きな言葉や将来の夢などをメッセージボードや色紙などに手書きで書き残しておき、これを撮影アイテムとして活用するというのも、10歳のいま思っていることや考えていることなどを一緒に写真に残すことができるためおすすめです。

手書きのメッセージ 出典:https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/nibunnoichi_seijin/

家族写真

本人の写真だけでなく、両親や兄弟・姉妹との写真も一緒に残しておきたいという人も多いと言います。正装ではなく、敢えてTシャツやGパンといった普段着で撮影に臨むというのも、その当時の家族の様子や雰囲気をそのまま写真におさめることができるため、貴重な一枚になりそうですね。

家族写真 出典:http://yoshida-studio.com/10.html

ページのトップへ